Top >  ベンチマーキング >  ベンチマーキングで実践的マーケティング

ベンチマーキングで実践的マーケティング

ベンチマーキングとは


 「ベンチマーキング(bench marking)」とは、マーケティング用語の一つで、日本では「最高基準設定」などとも呼ばれます。ちなみにベンチマークは「基準・水準」という意味です。


 ベンチマーキングのより具体的な意味としては、「超えるべき目標を設定するために、ライバル企業の製品や手法を徹底的に調べること」といったようなものになります。


 ベンチマーキングの実践例としては、90年代のアメリカ企業の急速な業績復活があります。このときはアメリカが国家戦略として技術開発を進めたという背景もありますが、各企業が日本企業に対して徹底的にベンチマーキングを実施したことも、業績復活の重要な要素でした。


 ベンチマーキングは、このように、大変有効な手法なので、現在でも多くの企業で導入されています。


ベンチマーキングの実践例


 「ベンチマーキング」とは、自社のビジネスプロセスの非効率な点を改善するため、同じプロセスに関する優良もしくは最高事例(ベストプラクティス)をサーチし、それと比較分析を行う手法です。このベンチマーキングは、1989年にロバート・C・キャンプによって提唱されました。


 ベンチマーキングの中でも特に有名な事例としては、米国ゼネラル・エレクトリック社の全社改革があります。


 1980年代、米国ゼネラル・エレクトリック社では、CEOのジャック・ウェルチ氏の指揮下で、世界一流の効率性を誇る国内外の製造業を訪問しました。その後、訪問した各社のデータを分析し、その分析結果を自社の業務に導入したのです。同社の有名な「シックスシグマ」も、この改革で実施されたベンチマーキングの最終段階として導入され、これら一連の結果、同社の生産性は飛躍的に向上しました。

スポンサードリンク

         

ベンチマーキング

関連エントリー


スポンサードリンク
RSS登録
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • エキサイトリーダーに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • はてなRSSに追加