Top >  CSS >  CSSのメリット スタイルシートで作業効率アップ

CSSのメリット スタイルシートで作業効率アップ

CSSとは


 CSSとは、「Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)」の略です。


 CSSは、主にウェブページの修飾の指定をするための言語で、W3Cによる勧告の一つです。このCSSは、HTML文書の中に組み込むこともできますし、HTML文書と独立させて使うこともできます。


 こうしたCSSの性質から、現在では、「体裁はHTML、修飾はCSS」と、CSSとHTMLを、役割・ファイルとも完全に分けてウェブページを作成するのが主流になっています。このようなCSSの使い方によって、HTML文書はよりシンプルに書きやすくなり(たとえ初心者でもテキストエディタだけで十分書けます)、CSS文書によってより複雑なデザインを実現することができるようになりました。


 CSSの利用は、サイトのリニューアルも容易にしてくれるので、特にデザインを頻繁に変えたい人にとっては、CSSはかなり使い勝手がいいと思われます。


CSSのメリット


 CSSとは、「Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)」の略で、単に「スタイルシート」と呼ばれることもあります。


 現在のウェブサイト作成では、HTMLとCSSを併用することが主流となっています。CSSはなぜここまで一般的になったのでしょうか?


 HTMLがウェブページの修飾・体裁の双方をサポートしているのに対し、CSSは修飾がメインです――こういうと「それならHTMLだけでウェブサイトを作ればいいじゃないか」と思われるでしょうが、実はCSSによる修飾の指定とHTMLの修飾の指定はかなり異なるのです。そして修飾をすべてCSSで行うことによって、以下のようなメリットが生じます。


・複数の文字列の修飾を同時に管理・リニューアルすることができる

・HTML文書がシンプルになるので、作成・管理が楽

・HTML文書の簡略化でサーチエンジンが内容を解析しやすくなり、検索結果でも順位が上がりやすくなる


 CSSのこのような威力は、CSSを外部ファイルにしたときに発揮されます。CSSは、特にアフィリエイトで稼ぎたい人にとっては必須と言えるでしょう。

スポンサードリンク

         

CSS

関連エントリー